ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達の口コミ情報、ハワイの生活を中心に旬な話題をお届けします。

カブを求めてスーパー巡り。そしてハワイのポリスマンに助けてもらったこと。

前回のブログで「チャリティーウォーク」に無料参加してしまった話を書いたけど、その代わりに人助けをしたお話です。

お料理大好きで、特に煮込み料理をよく作ります。そして、最近読者にさせていただいて、簡単なお料理にちょこっとしたコツを教えてくれながらメニューを紹介してくれているのはこちら

www.lepommier.work

この煮込み料理を作りたくて、カブを探すこと2日間。

KCCファーマーズマーケットで買ったカブがとっても美味しかった。

この奥にあるカブが1っこ1ドル。拳以上の大きさで身がしっかりしていて甘みもあって美味しかったんです。アメリカの野菜はさすがに肥えた広大な土地で作られるから美味しいと思います。そして、日本野菜も人気なのか、よく見かけます。まぁ日系人が多いから、技術はあるんでしょうね。

f:id:eyossy:20180523040440p:plain

www.eyossy.com

カブを求めて回り道をしている途中にポリスマンに声をかける出来事が

カブと鶏肉の煮物を作りたいと思い始めたら止まらない。鶏肉なんてどこにでも売っているから、あのレシピを見てすぐに買ったけど、カブは見当たらない。

で、チャリティーウォークの帰り道に、「今夜はやっぱりあれを作ろう〜」と思いはカブ一筋。

で、寄り道して近くのスーパーマーケットを経由して帰ることにしたんです。

その歩道で、人が寝ていたので、近くに作業車もあったりで、路上で昼寝してるんだな〜って思って通り過ぎようとしたら、こっちを見上げて来て目があって…。

白人のおじさんが頭から流血していたんです。

メガネと帽子が1メートル手前に飛んでいて…。え〜どうしよう。そのおじさん、起き上がろうとするから、まずはダメ! 動かないで! としか言いようがなくて。

そこに若いお兄さんが自転車で通りかかったので、まずは救急車を呼んでもらったんです。

そこにHonolulu Policeが通りかかったから、大手を振ったら停まってくれました。自転車のかっこいいお兄さんが私の行動を見て「Cool」と言ってくれたのが嬉しかった。

おじさん、滑ったらしくて、バックパックを背負っていたからよかったと言ってました。

意識はしっかりしていたんだけどの流血したあとが頭の下に広がっていて、動こうとするところをお兄さんが「Don't move!」って力強く言ってくれたのもとってもcoolでした。

そしたら、すぐに別のパトカーも来たのと、かっこいいお兄さん、救急車の連絡も終わり立ち去ったので、私もポリスマンに託して、カブを買いにスーパーマーケットへ向かったのでした。

ハワイのポリスマンはとにかくよく巡回してくれている

助かるのはハワイのポリスマンはどこにでも見かけます。さすがに観光地。観光客を食い物にする悪い人もたくさん。特に日本人は騙されやすいから気をつけないと。

でもたまに迷惑なことも。ちょっとしたことで何台ものパトカーが集まってくるのと、しょっちゅうサイレンを鳴らしてる。昨日なんて、一人の若者を6人のポリスマンが囲んでたの。そしてパトカーが3台。変な停め方していて、みんな迷惑してました。

噂によると、「一つの事件にたくさんの警官が集まってくるのはハワイの警官はそれだけ暇なんだよ」だとか。

でもそのおかげで、私jは安心してワンコの散歩ができるのでした。

肝心なカブが買えたかどうか…

カブを求めて迂回してスーパーに寄ったけど、カブはなかったの。

そして、ドンキ・ホーテならあるだろうと行ってみたけどなかった。そしてそのお隣の韓国のスーパーへ。ない。カブはない。仕方ないから韓国大根が新鮮そうだったから買いました。

そして、昨日、カリヒという地域のアジアンスーパーで探してみたの。やっぱりなかった。空芯菜が美味しそうだったから買ってきたけど、カブはない。

結局、韓国大根を代用して作ったのがこれです。

f:id:eyossy:20180523044312p:plain

もちろんブライン液に漬け込んで。

韓国大根はカブと大根の中間みたいな感じ。厚揚げが入っていないのが残念だったけど、美味しくいただきました。

今週末、KCCマーケットでカブを買おう!