ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達からの情報を中心に旬な話題をお届けします。

アメリカでは紙パックの水が流行ってる?「Flow」と「BOXED WATER IS BETTER」

ニューヨークのホテルにチェックインして、荷物整理も終わり一息。ほとんどのホテルではミネラスウォーターのサービスが充実してますよね。

もちろん、私が宿泊したHGUホテルでも。

でも、ペットボトルじゃなかったので、すぐには気がつかなかった んです。

アメリカでは紙パックの水が流行ってきている

これがホテルにあった紙パックの水「Flow」

f:id:eyossy:20180411152250p:plain

Flow Alkaline Spring Wate

アルカリ性のミネラルウォーターのFlowはなかなかのお値段。

チェルシマーケットでホットドックを食べながら、水を注文したら「BOXED WATER IS BETTER」が出てきた

これ、1本500mlで$2.5もしてた…。

f:id:eyossy:20180411152112p:plain

でも、この紙パックの水の一番のデメリットが、匂い。この紙パックの水の飲み口は、キャプ式。口に運ぶと、なんか生臭いような、冷蔵庫くさいような…。きっと、このお店で提供しているソーセージと一緒に冷蔵庫に入っていたのかな。

これがスタイリッシュかどうかは、個人差があるだろうけど、私的には牛乳パックのようだけど、シンプルで一瞬かっこよく感じてしまったのは、ニューヨークだったから?

 

boxedwaterisbetter.com

 

近年アメリカでは、ボトルウォーター(ペットボトル)の売り上げが過去最高の売り上げ記録になってます。COSTSOでは1本30円くらい?と低価格だし、またどこに行っても水は大人気の飲み物ですね。 昔は水を買うなんて考えてもみなかったけど。

ペットボトルのリサイクルには限度があるし(実はリサイクルされずに燃焼されてる方が多いみたいだし)、生産にもかなりの石油が使われたりと、環境問題に発展してることから、こういった紙パックの水の需要が増えてきているんです。

 そして、アメリカでは利用されたペットボトルはほとんど埋め立てられてるんですよね。そして知ってました? アメリカが中国へ輸出しているナンバー1は再生可能ゴミつまりペットボトルやプラスチック類も含まれているということを。

環境のためと中国との貿易問題もあって、これからはこの紙パック仕様の水が増えてくるのかな。

 

ちなみにサンフランシスコではペットボトルの水は公共で販売いてはいけないという法律が通ったとか。