ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達の口コミ情報、ハワイの生活を中心に旬な話題をお届けします。

ハワイの絶景と達成感を求めるならココヘッドに行って欲しい。

初心者から上級者まで楽しめるのは、人気のダイアモンドヘッドのトレイルだけど、それに物足りなさを感じたら、ぜひチャレンジして欲しいのがココヘッドです。

ハワイにはたくさんの絶景ポイントがあります。初心者向けはダイアモンドヘッド、中級者向けはピルボックス、そして上級者向けはココヘッド。

今日は、一度は行ってみたいけど登りきれるかどうか不安なチャレンジコースのココヘッドを紹介します。

 青い空の下スタート!

f:id:eyossy:20180328071538j:imageまず、登り口に到着して見上げて見ると、こんな光景が。どうやって? 登頂記念にスニーカーを投げるんでしょうね。ハワイでは、たまに電線にスニーカーという光景を見かけるんだけど、青空にスニーカーが画になってるでしよ。ココヘッドを目の前にして、躊躇してしまうほどの直線に伸びた長いステップ。

噂には聞いてました。「ココヘッドを登るには覚悟がいるよ」って。この階段を目の前にして、いっぽを踏み出すのをやめてしまう人、途中でギブアップしてしまう人、リベンジに燃える人、それぞれ。
f:id:eyossy:20180329121113j:image

 とにかく出来るだけ前を見ないで足下だけを見つめてひたすら登る。たまに見上げてみると、果てしない階段しか目に入らないのが、辛くなるだけ。

 途中、何度も振り返って、モチベーションをあげる。

 前ばかり見ていると辛くなるので、たまに休憩。振り返って、ハワイカイを眺めて休憩。

f:id:eyossy:20180312215245p:plain

 何度も立ち止まりながら一息ついていると、降りて来る人に励まされるんです。「あと、200段くらいよ❗」と。

これが最後のステップ。

残り数段でついに登頂。でも、ここまで来て、先を行った友人の名前を呼んでも返事がないのです。

ちょっと不安になりながら進んでいくと、まだてっぺんではなかった…。
f:id:eyossy:20180329171441j:image

 ここまで来てもウォールアートが。
f:id:eyossy:20180328071558j:image

最後の山道を越えたら、人の気配と絶景。これが達成感というものなんですね。ダイアモンドヘッドは見渡す海とワイキキの街を眺めることができるけど、ココヘッドからはハナウマ湾とハワイカイが一望で来て、最高!!
f:id:eyossy:20180328071605j:image

こんな絶景のご褒美

たくさんの観光客も、この絶景と達成感を求めて挑戦するけど、ギブアップしてしまったからリベンジしたという話を、よく聞きます。

 ココヘッドhの標高は、368m。そんなに高くなけど、一直線のステップがとってもプレッシャー。

f:id:eyossy:20180312215508p:plain

 こんなところにカナディアンカーディナルが。赤い鶏冠が可愛いんです。そして、若者はこのコンクリートの上に登って足を投げ出した写真を撮るの。

f:id:eyossy:20180312215443p:plain

ココヘッドはオアフ島の東に位置していて、コオラウ山脈の一部で火山の噴火口(クレーター)のひとつなんです。この山頂に米軍の通信施設を造るときに利用したトロッコの線路の枕木が、今は登山用のステップになってます。枕木は1048段とか。

ハワイカイの絶景

往路があれば、もちろん復路も。ハワイカイの絶景を眺めながらの下山。

f:id:eyossy:20180312215406p:plain

 なんと彼女は子供を抱っこしたままの往復。私の友人はトレーニングのためにココヘッドを一日2往復もしてたとか、私には考えられないこと。
f:id:eyossy:20180330225451j:image

この写真を見ただけでも、足がすくむでしょ。

 

何度もハワイにリピートしている人にすすめたいのはこちら↓

ココヘッドを目指す人へ

体力に自信があって自分に勝ちたい人にはココヘッドがおすすめ。そして、登山のポイントは…。

*必ず水を持って行くこと。

*日陰がないので、日焼け対策にキャップ、日焼け止めの準備を忘れずに

*登山時間は日差しが強くなるお昼前に、また街灯がないので夜は避けること。

*途中、枕木の下が透けている箇所があるので、高所恐怖症の人は覚悟を。

*所要時間は往路40分、復路30分。(個人差あり)

*後半になってからの登るコツは、20段ごとに休憩を入れるとよい。

*枕木に沿って、迂回路の山道もあるけどかなり急な坂なので、必ず両手が空いた状態でチャレンジすること。

 

以上、ツラツラと書いてしまったけど、機会があったらチャレンジして達成感を味わってみてください!