ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達の口コミ情報、ハワイの生活を中心に旬な話題をお届けします。

食べてみたかった幻のぶどう「コットンキャンディー」をハワイのホールフーズで見つけて食べてみた!!

最近は、日本でもシャインマスカットや長野パープルなど種がなくて、皮ごと食べられる甘くておいしいぶどうが人気ですね。とっても高価だけど、皮ごと口にぽいっと入れられるので、食べやすさで選んで買ってしまいます。

もちろん、アメリカでもぶどうはデザートとしてだけではなくサラダに入れたり、おやつだったりとスーパーには一年中、安定した価格で売ってます。

幻のぶどう「コットンキャンディー」Cotton Candy

去年、コットンキャンディーと言うなのぶどうを知りました。9月頃からで初めて、すぐに終わってしまうぶどうです。マスカットやレッド・グローブ、小粒のシャンパーニュなども美味しいけれど、このコットンキャンディーはすっごく甘くて美味しいらしいんです。

去年は幻で終わった

そこで、去年10月にSam's clubに売っているという情報を得たので、1日会員になって行ってみたけど、時すでに遅し…でした。

f:id:eyossy:20180929063042p:plain

今年になって、そろそろコットンキャンディーの季節と思い、スーパーに行くたびにアンテナ張っていました。

今年こそは食べたい

今年こそは食べてみたいという思いを叶えてくれたのは、ホールフーズマーケット。

f:id:eyossy:20180929063911p:plain 

www.eyossy.com

これが コットンキャンディー

見かけはプラスチックバッグに雑に入れられた、普通のマスカットのようなぶどうです。

 

f:id:eyossy:20180928175607p:plain

でもこの近くはとってもあま〜い匂いが漂ってます。袋もちょっとべたついてる感じ。

とりあえず、袋から1粒取り出して、試食してみたら、今までに食べたことのない甘さ!!

どれだけ甘いのか。

コットンキャンディー、つまり綿菓子。香りからして、とってもスイート。そして、食べてもコットンキャンディー。とにかく甘い、そしてジューシー。皮の色はちょっとくすんだ黄色で、ドットもあたりして。

f:id:eyossy:20180927082559j:plain

カットしてみた。

もちろん種無しで皮も薄いので、一口で食べちゃいます。

 日本のぶどうと違って、見栄えはそれほど良くないけれど、甘い香りが漂ってきます。

そして、一粒で綿菓子を食べたみたいに口の中には甘味が広がります。

食べすぎ注意!! いえ、甘すぎて、食べ過ぎることができないくらいの甘さ。

コットンキャンディーの産地

産地はカリフォルニア。

f:id:eyossy:20180928175812p:plain

カリフォルニア州のGraperyというぶどう農園が2種類の品種を掛け合わせてみたら、たまたま綿菓子のような甘さのぶどうが育ったとのこと。アクシデントだって語っています。遺伝子組み換えではなくで自然の恵みだそうです。普通、一般のぶどうは年間通して収穫できるけど、このコットンキャンディーを賞味できるのは8月上旬から9月いっぱいまで。今年は8月10日〜9月10日とのことで、販売時期も短いからタイミングを逃すと、1年待たなくてはなりませんね! みんな、このコットンキャンディーの時期を楽しみにしているようです。

今年の価格は

このコットンキャンディーの価格は1パウンドで5.99ドル。1パウンドが約0.454キロなので1キロで約13ドルくらいでしょうか。シャインマスカットが1キロ1980円として、価格は抑え目。それでもアメリカではぶどうにしてはとっても高価です。

でも日本のように化粧箱になんて入らないから、高価なぶどうでも扱いはどれも同じなのね。

ハワイに旅行にきたら、きっとホールフーズマーケットには行きますよね! ワイキキのホテルもほとんどがキッチン付きだから、朝食や夕食を部屋でいただく観光客がほとんどだとか。この時期にハワイに来たなら、ぜひ、スーパーマーケットでコットンキャンディーを探してみてください。