ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達の口コミ情報、ハワイの生活を中心に旬な話題をお届けします。

ハワイのコンドミニアム事情。ワードビレッジのモデルルームに行ってきました。

ハワイのワードビレッジ、たくさんなコンドミニアムが建設ラッシュです。その中でも高級コンドミニアムと言われているKO'ULAの内覧会に行ってきました。ホノルル中心部の最大プロジェクトです。

 

f:id:eyossy:20190803182909p:plainここは、ワードビレッジの一角。かつてはこのあたりのランドマークだったIBMビルディング。

 

f:id:eyossy:20190803183329p:plain友だちがアポイントメントを取ってくれ、同行しました。

f:id:eyossy:20190803183359p:plainまずは飲み物のサービス。

ワードビレッジって?

ワードビレッシとは、アラモアナショッピングセンターから西側へ徒歩約5分(約400m)程に広がる約7万平方(東京ドーム5.5個分)のカカアコエリアで、現在進められているアメリカのディベロッパー、ハワード・ヒューズ社による一大再開発プロジェクトです。ワイキキと並ぶ新たな生活・ビジネス・観光の中心エリアとなることを目指して開発が進むこの大規模プロジェクトは、「全てのモノがここで手に入る街」というコンセプトのもと、今後15年以上かけてコンドミニアム22棟(約2000戸)、オフィスのほか、全米オーガニックスーパー「ホールフーズマーケット」のホノルル旗艦店や、ショップ、レストラン、カフェ、劇場、公園など、数多くの施設が一体的に開発される予定です。https://www.tokyu-resort.co.jp/overseas/detail/wardvillage/wv_05.html

また2025年にはHARTというモノレールの駅も建設が予定されてるので、ダニエル・K・イノウエ国際空港まで約14分で移動できるようになるんですって。アラモアナビーチ、アラモアナショッピングセンターと自然な環境と利便性を兼ね備えた充実したハワイ生活が送れそうです。

ここ数年でWordはすごい変化(進化)してます。

f:id:eyossy:20190803183424p:plainそして、大画面でワードビレッジの概要の説明。

ワードビレッジは全部で22棟のコンドミニアムを建設予定。でも、6棟減となって最終的には16棟建設されるとか。現在は4棟が完了、そして2棟が建設中。今回のKO'ULAを含めて、10棟がこれから建設されるとか。すごいラッシュ!!

f:id:eyossy:20190803183527p:plainそして今回のKOULAのプロジェクトの説明。

ホノルル最大規模の複合再開発プロジェクトでKO'ULA(コウラ)はこのワードビレッジの中心に位置してコミュニティの中心になるビクトリアワードパークに隣接する特別なコンドミニアムらしいです。昔、この地域は赤いサトウキビの畑だったそう。その赤いサトウキビをハワイ語でKO’ULAというんだそうです。f:id:eyossy:20190803184241p:plainこれがKOULAの出来上がり予定のジオラマ。とても精密です! 外観の柱はサトウキビの葉をイメージしてこの柱が構造体になって、住居内には柱がなくて開放的な空間になってます。⇦不動産屋さんが言ってました。

f:id:eyossy:20190803184132p:plainこのコンドミニアムからみた東側のシュミレーション

f:id:eyossy:20190803184215p:plainこちらは西側

f:id:eyossy:20190803184318p:plainこの部分は共有スペース。25メートルプール(これはコンドミニアムの中では大きい)やパーティールーム、などなど。

f:id:eyossy:20190803184948p:plain玄関はカメラが搭載されていて顔認証はもちろん、スマホが鍵代わりになります。来客者には暗証番号を教えると5分以内なら解錠が可能だとか。結構、ハワイのコンドミニアムは自動ロックなので、締め出されるケースが多いのと、来客など外部からのお客さんには便利です。

 

モダンな室内

室内は広々としている2ベッドルーム(2LDK)。

f:id:eyossy:20190803184341p:plain*窓の外の格子はモデルルームになっているビルのデザインです。

f:id:eyossy:20190803184407p:plain

f:id:eyossy:20190803184444p:plain白が基調な床とキッチンだから清潔感があって、広く感じます。

f:id:eyossy:20190803184525p:plain日本人向けに浴槽とシャワーが一緒になっているところが嬉しい。

 

Word villageの全貌

今のところは、4棟が完成。そのうちの2棟はf:id:eyossy:20190803184838p:plain右手前がハワイ語で「光の反射」を意味するANAHA(アナハ)

f:id:eyossy:20190811001836p:plainこのコンドミニアムはせり出したスケルトンのプールが観光客から人気を浴びてます。f:id:eyossy:20190803184647p:plain中央にあるのがハワイ語で「水の命」という意味のWAIEA(ワイエア)。全面流れるようなガラスのデザインが斬新です。

そして、ホールフーズに併設されているA'EO(アエオ)

もう1棟はハワイの住民優先のコンドミニアムです。

f:id:eyossy:20190811000643p:plain

そしてKO'ULA(コウラ)A'ALi'i(アアリイ)が建設中。

もっと詳しく知りたい方はこちら。

list-hawaii.jp

 

最後に

6年以上前に、まだ開発が始まったばかりのコンドミニアム。2012年8月に撮影した写真の中央がそのコンドミニアム。その後ろにはまだ他のコンドミニアムが建ってません。ワードを象徴する商業施設ができあがったけど、その頃は人骨が出たとかで(ハワイではよくあることです)建設が長い間中断されてました。

f:id:eyossy:20190804183957p:plainハワイでは土地をはじめ物価がどんどん上昇してます。このワードビレッジから空港へ、そして西へ計画されてるモノレールも、かなりの額の住民の税金が使われてます。資金が底をついては工事が滞ったり…。ま、何をとってもスローなハワイです。

ちなみに、KO'ULAの販売価格って気になりますよね。41階建て全565戸、山側、海側、ベッドルーム数でお値段が変わるけど、1億は下らない…これ、山側、1ベッドルームで。これをみなさん、投資として買われるんですよね。別荘代わりや、1年寝かして(基本1年間は貸し出し禁止)貸し出したり。だから、夜になっても電気のつかない部屋はたくさんあります。