ハワイの楽しいこと おいしい情報  

ロコの友達の口コミ情報、ハワイの生活を中心に旬な話題をお届けします。

ハワイのカフクでガーリックシュリンプを食べるなら、お勧めはFumi's(フミズ)!! そしてオススメの理由は。

ここんとこ、とってもいいお天気が続いています。ハワイの雨季も終わり、風は強いものの雨も少なく、本格的にハワイの温暖な気候が戻ってきました。

今日は、ノース方面に行ったのでガーリックシュリンプの食べ比べでも…と思ってGo!!

 

ガーリックシュリンプ

f:id:eyossy:20190421183551p:plain

ハワイのB級グルメを代表するのがガーリックシュリンプ。なんでこんなに人気になったの?

まず第1号店はイタリア系アメリカ人がオーナーのGIOVANNIS(ジョバンニ)。カフク地区はエビの養殖が盛んで採れたてのホワイトシュリンプをガーリックとオリーブオイルでイタリアンテイストにしたもの。ジョバンニから始まって、今ではカフク地区、ハレイワタウン、そしてワイキキでもガーリックシュリンプのフードトラックを見かけます。もちろん、レストランのメニューにも欠かせませんね。

f:id:eyossy:20190421173427p:plain

今回は、まずジョバンニでと思ったら、長蛇の列…。この様子だと40分待ちかな?15分までなら待てるけど、こんなに待つならやめましょう〜と、次のガーリックシュリンプを目指します。

 

FUMI'S

目指したのはここFUMI'S(フミズ)です。ジョバンニやロミーズやらたくさんあるけれど、ジョバンニの次に目に飛び込んでくるのがこの青いシンボルカラーに赤いエビのマーク。f:id:eyossy:20190424165816p:plainこの日は真っ青な空にこの真っ青なカラーがとっても映えていました。

メニューは

メニューは10種類。定番のガーリックはら始まってバターやレモン、フライ系とガーリーックを抑えたものもあります。そして、コッド(たら)のフライやチキンカツもあります。

f:id:eyossy:20190421183952p:plain

この中でも人気なのがバターガーリックシュリンプ 14ドル

f:id:eyossy:20190421183841p:plainプリプリした採れたてのエビは好きな人ならは殻まで食べれる美味しさ。軽くレオンを絞っていただきます。白米は2盛りあるので男の人でも満足のいく量です。

そしてスパイシーガーリックシュリンプ 14ドルf:id:eyossy:20190421183809p:plain私はスパイシーなのが好きなのでこれ! 辛さはオーダーの時にいえば調整してもらえます。

ここのエビはちょっと大ぶりのように感じます。もちろんレストランで食べるガーリップシュリンプは大きめのブランドのシュリンプだったりして食べ応えがあるんだけど、ここカフクで食べるガーリックシュリンプは裏庭にある池で養殖しててるのをそのまま調理。新鮮だから美味しくないはずがない。

f:id:eyossy:20190424170611p:plainこういう池がカフク地区には点在してます。フミズもここから直接調理するんでしょうね。f:id:eyossy:20190421184037p:plain日除けされ、赤く塗られたテーブルが用意されてます。

f:id:eyossy:20190424185208p:plainデザートにアイスクリームをオーダーできる窓口もあります。

f:id:eyossy:20190424185345p:plainそして、エビを鷲掴みにして食べちゃうのでベトベトになった手をここで洗うこともできるし、

f:id:eyossy:20190424185412p:plainトイレも完備されているので

f:id:eyossy:20190424185832p:plain

例えば、東海岸から北のノースショア方面へドライブする途中に立ち寄ってトイレ休憩するのには最適な場所。

まとめ

オススメの理由をまとめてみると…

採れたての新鮮なエビが食べられる←裏庭に養殖場

エビが苦手な人には代替えメニューがある←コッドやチキンのメニューがある

日除けのテーブルでゆっくり食べられる←かなり広い

手洗い場がある←ベトベトになった手が洗える

綺麗めなトイレも完備されている←長いドライブ中のちょうど良い場所でトイレ休憩ができる

 

最後に

ガーリックシュリンプといえば、ハレイワタウンのシュリンプワゴンが集まるエリアが有名だけど、ここは実は蠅がたくさんいるの。だから、私はちょっと苦手。できればカフク地区に点在するお店でいただくとより美味しくいただけること間違いなし。

ただし、レンタカーやプライベートツアーじゃないとなかなか行かれないのが残念。

プライベートツアーで検索してみました。ご参考まで。

www.yoshi-hawaiiantours.com

www.veltra.com

 

カフク地区はワイキキとはちょうど反対側。そこまで行かれないという人は、ワイキキでもガーリックシュリンプは食べられるからがっかりしないでね。

 

今、ハワイで人気のKris Goto(クリス ゴトウ)は斬新で独特なテーマを持つ若手アーティスト。

ハワイではカカアコのウォールアートがとっても人気です。毎年2月にはカカアコのウォールアートが一新されるイベントもあって、常に新しいアートを楽しむための観光客も絶えません。でも油断をすると事件に巻き込まれることもあるので、注意が必要なエリアです。

 

ハワイのウォールアートのお祭り「POW! POW! HAWII!」

ハワイのウォールアートの人気の発端はPOW! WOW ! HAWAII !です。

そのウォールアートが毎年2月に行われるイベントの「POW ! WOW ! HAWAII !」で数カ所書き換えられるんです。今年の「パウワウ ハワイ」で、私が個人的に注目しているアーティストのKris Gotoさんがペイントしてたんです。彼女は今、ハワイでも引っ張りだこの人気アーティストです。いろんなところで彼女の作品を見ることができるので、紹介したいと思います。

⓵ サウスショアマーケット

f:id:eyossy:20180615183353p:plain

             (2018年 2月13日撮影)

白と黒を基調にした独特なテーマが印象的な作品です。

このアートをみて、どこかで見たような…。すぐに思い出しました。 

www.eyossy.com

⓶ スターバックス・リザーブ ハワイ

ハワイのスターバーックスリザーブの壁にもKris Gotoさんのアートが描かれてます。

2017年の3月にオープンしたスターバクスリザーブで見た絵と似ていたのを思い出したんです。スタバに入ると壁一面に彼女の絵が飛び込んできます。

f:id:eyossy:20180618133557p:plain女の子がコーヒーカップを持っているのと、コーヒーの実の赤が効いてます。

 

⓷ ターゲット アラモアナ

Kris Gotoさんの絵を堪能したかったらアラモアナのターゲットへ。

最近たくさんのペイントを見ることができるのがアラモアナにオープンしたディスカウント百貨店のターゲットです。このターゲットは元ノードストロームのところにオープンしました。 

アラモアナのターゲットへのアクセスはアラモアナショッピングセンターの2階から入って行くと…。

一番最初に目に入ってくるのがこのアート。

f:id:eyossy:20180618134324p:plainターゲットの2階にあるアートです。まず最初に目につくのがこれ!クロワッサン? 巻貝? きっと海の中をイメージしているんでしょうか? 下の方に見えるフィンが不思議な空間を表してます。

2階奥のレジコーナー

ここにはハワイアンモチーフのマイレをあしらった女性のペイント

f:id:eyossy:20180618173253p:plainこのマイレはハワイアンモチーフとして「絆」「縁結び」「平和」を意味します。

そして、「髪が宿る神聖な葉」「絆を強く結びつける」と言われるマイレをまとった女性は…

f:id:eyossy:20180618134145p:plainハワイの神話に出てくる、フラの女神「ラカ」でしょうか? 

f:id:eyossy:20180618134103p:plainこのスパムむすびがポイント。

ターゲットの中央エスカレーターの壁

f:id:eyossy:20180618133835p:plainここは圧巻!というか贅沢な空間です。自分たちも海の中にいるような錯覚になります。

f:id:eyossy:20180618170958p:plainダイバーの女の子が自由自在に海の中を行き来しています。 

f:id:eyossy:20180618133931p:plain

3階のレジスペースには遊びごごろが垣間見る絵

サーフボードに乗って、買い物バッグを抱えて楽しむ女性。これ、羨ましいですね〜。

ん? でもちょっと左手がひっくり返ってませんか?ちょっと不思議な絵。

f:id:eyossy:20180618134009p:plain

 1階はギャラリーになっている

買い物を終えて、帰りはカピオラニ通りに出ようと1階まで降りていくと、ここはちょっとした作品紹介のギャラリーになっていました。

f:id:eyossy:20180604133900p:plainここで初めて、彼女の名前を知りました。 

f:id:eyossy:20180618170810p:plain

 

⓸ GREENROOM

シェラトンワイキキに2014年にオープンしたGrEENROOMはハワイを代表するアーティストの作品を販売。

f:id:eyossy:20190216142901p:plain

GREENROOMのスタッフさんがたくさん紹介してくれました。

f:id:eyossy:20190216143738p:plain

f:id:eyossy:20190216144317p:plain

f:id:eyossy:20190216143711p:plain

 その他にも、カラフルな花をモチーフにした「Mahalo Whale」というクジラの絵もあったり、ちょっとギャラリーを覗いてみてくださいね〜。

Kris Goto(クリス ゴトウ)て?

Kris Goto(クリス ゴトウ)さんは日本生まれで9歳まで日本で過ごされ、お父さんが宗教家で、ニュージーランドからハワイへ移住されたそうです。彼女は幼い頃から、日本のアニメに興味を持って、特に手塚治虫さんの影響を受けたとか。なので少女の顔がちょっとアニメっぽいんですって。この情報は、先日ハレイワに行った時に立ち寄ったギャラリーのスタッフでクリスさんの友人のめぐみさんから聞いた情報。

他の作品の紹介もこちらに記載されているので、ぜひみてください。

Kris Goto
物心ついた頃からアーティストになりたかったクリス・ゴトウは日本で生まれ9歳まで九州で過ごす。その後香港やニュージランドを経て2006年からハワイに移住。早くから渡瀬悠宇、手塚治虫などの漫画に魅了され、さらに彼女のユニークな作品はマオリ族のタトゥやデイブ・マッキーンからも大きな影響を受けている。独特の視点から繰り出される彼女のユーモアがあり細部にこだわったアートは瞬く間にアート好きローカルを惹きつけ、ホノルルチャイナタウン・ダウンタウンのファーストフライデーを皮切りにPow!Wow!HawaiiやGreenroom Gallery Hawaiiなどの多数の展示会で人気をさらに集める。最近ではSurfjack Hotelの部屋のディスプレイアートやワイキキにあるスターバックスの壁一面に描くなど企業とのコラボも盛んで今後も大注目のアーティストである。

Kris Gotowww.greenroomhawaii.jp

 

そしてこんなトートバッグを見つけた!

ん? どこかでみたタッチの絵。f:id:eyossy:20180618134629p:plainすぐにわかりました。これもクリス ゴトウのペイントです。今までのは白と黒を基調に赤、青を差し色に使っていただけのものだったけど、これはまた違った感じ。これ、確か…70ドルくらいしたような。発想が面白いですね。 きっとこのトートバックは他のセレクトショップでも見つけることができそう。

最後にこの作品がある場所は?

⓵ サウスショア マーケット

⓶ スターバックス リザーブ ハワイ

⓷ ターゲット アラモアナ

 ⓸ GREENROOM Hawaii

 

最後に(追記)

f:id:eyossy:20190216150151p:plainそしてついにクリ・ゴトウさんご本人にお会いすることができました。

彼女の作品はインスタでチェック!

f:id:eyossy:20190216150747p:plain

今年の2019年のPOW!POW! HAWAII!でも作品を発表したので、早速チェックです。

f:id:eyossy:20190216150845p:plain

ハワイで買い物をした時に注意して欲しいこと。買い物をしたら、必ずレシートをチェック!!

ハワイで買い物をする際に絶対にして欲しいこと。それはレシートチェックです。

今日、日本からロングステイでハワイ入りした主人の友人ご夫婦と日本食レストランで夕食をご一緒しました。

その日本食レストランは、まだリカーライセンスの許可をとっていないので、アルコールは持ち込みです。

そういったお店をアメリカではBYOBというんです。

B→Bring

Y→Your

O→Own

B→Bottle

つまり、”ボトルは自分で持ってきて”ということ。レストランがリカーライセンスを取るためには、とっても時間がかかるので、オープンしてからしばらくはBYOBのレストランが少なくなんです。例えば、近隣に学校があるとお酒の供給ができないとか、近隣の住民の許可が得られない場合もそう。日本と比べてアメリカのお酒に対する規制はとっても厳しいんです。

 

 

 

ホールフーズでお買い物

日本食レストランはホールフースの近くだったので、そこでお酒を買っていくことにしました。

まずはこのマウイビキニ3缶をカゴに入れて、次に白ワインを1本追加。

 

このワイン、結構美味しかったです。これがハワイでは1本28.99ドル。ほとんど日本と変わらないですね。

お支払い

ビール3缶とワイン1本でチェックアウトしたら、なんとキャッシャーが「ナインティーナイン…ペラぺ〜ラ」と。「えっ? やっぱり数字の聞き取りは難しい…

でもやっぱり99って聞こえたから、レシートをチェックしたの。カードでの支払いだから、スルーしてたらめんどくさいことになるしね。

そしたら…

f:id:eyossy:20190418053957p:plain

やっぱりワインの金額が3本分!! そして、4点しか買っていないのに7点の購入。

LINK HI 5 SINGLE/NFSってなんだろう? ま、$0.18だからいいとして…

SONMA SONOMA COAST CHARU

                                   @  $28.99 ea   $86.97

 ってあるじゃないですか。

すぐにキャッシャーの男性に問いました。「your faultだよね?」って。

もちろんリファウンド(返金)

ホールフーズマーケットのカスタマーサービスのカウンターへ行ってと言われたので、そちらで、これこれこうでと説明して、2本分を返金してもらうことになりました。 

f:id:eyossy:20190418045317p:plain

そしたら、またトラブルが。カードで支払ったけどカードの提出はしなくていいのがアメリカ。でも、よく見たら、1本分の返金だけだったの。私の英語力か? いえいえ、担当の女性は日本語が上手なこのブログにも登場するクリスティーンさん。

www.eyossy.com

もう一度戻って、あと1本の返金をしたもらいました。

 

実は前にもあった過剰払い

実は去年にもあったんです。保冷バッグを買った時。家に帰ってから、レシートチェックをしてみたら2個買ったのに3個分の支払いをしてたんです。その翌日に帰国だったので、空港までの途中にホールフーズに立ち寄って、その旨伝えて返金…。でも、時間がかかると思ったから、「返金はいいので、もう一つ買っていきます」と伝えたら、「オッケー、じゃひとつ取って来て」で済んじゃった。その時も対応してくれたのはクリスティーンさん。もうしっかりと顔見知りになりました(笑)←いいんだか悪いんだか。

 

最後に

ということで、今回はホールフーズでの過剰支払いが2回もあったというお話でしたが、実はレストランやその他のグロッサリーストアでもよく聞く話なんです。

私の友人(ハワイ在住)がある居酒屋で夕食をして会計をしたら、思ったより金額がいっていたのでレシートを確認したら、頼んでいないビールのデキャンターが含まれていたとか。サーバーは隣のテーブルのオーダーを間違えて付けてしまったと行ってたらしいけど、どうやら観光客だと思われたらしいです。つまり観光客だからって、ちょっとごまかそうという魂胆があるお店かなりあります。

グロッサリーストアーの場合、レジの打ち間違えもあるだろうけど、日本ではあまり考えられないことですよね。でもこちらは、よく聞く話なので、みなさんレシートは必ずその場で品物の数と金額を確認することをお勧めします!!そしてもちろんレストランでも、食べてないものまで付けられていることあるかも…ですよ。

 

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

 

2019年 ディーン&デルーカ(DEEN & DELUCA) ハワイの限定トートバッグ 最新情報をお届けします!! 

2018年、ディーン&デルーカは日本上陸15周年を迎えました。都内を始め、広尾を始め次々と店舗をオープンしていますよね。

ハワイでもディーン&デルーカは大人気。

詳しくはこちら。

www.eyossy.com

 

 今日は久しぶりにワイキキに行ったので、最新情報をお届けしようとハワイにある2店舗にチェックしに寄ってみました!!

 

リッツカールトン店

ディーン&デルーカ・ハワイの2号店のリッツカールトンで人気のトートバッグはこちら。ハワイに来た友達のためにハワイに駐在中の友達が並んで購入したもの。

f:id:eyossy:20190416173425p:plain
デニムトート(S)とナチュラルトート(S)の2種類です。このデザインのSサイズが大人気です。お値段は49.00ドル。

現在の状況は

f:id:eyossy:20190416173617p:plain上記のサインの通り、毎日数量限定での販売となっていて、現在(4月15日)の状況は各トート30個のみの販売です。そして、ひとり1個まで。

f:id:eyossy:20190416174805p:plain大きいサイズもあるけれど、やっぱり人気があるのはSサイズ。

f:id:eyossy:20190416174920p:plain

デニムトート(S)とナチュラルトート(S)の本日分は売り切れ致しました。明日分入荷をお待ちください。←ちょっと変な日本語(笑)そして、入荷って…ストックはいっぱいあるでしょうにね。

f:id:eyossy:20190416175223p:plainあれ? ナチュラルトート(S)はたくさんあるじゃん!! お店の人に聞いてみたら、今日の分は売り切れなかったようです。でも、明日になったらわかりません。GW前の静けさでしょうか。

f:id:eyossy:20190416180139p:plain

f:id:eyossy:20190416180213p:plainこれはビーチで活躍しそうなメッシュのトートバッグ。各34.00ドル。

何時から並ぶの?

お店の人に聞いてみました。限定トートバッグを買うために現在は朝5時から5時半の間に並び始めるようです。ひとり1個のみの限定なので、7時オープンを目指して並び始めるようです。今はGW前なので、ちょっと小康状態なんでしょうか。整理券は配布せずに並んだ順に購入できます。

今日はナチュラルトートがたくさん残っていたので、明日の朝に購入予定の人には朗報ですね。

ロイヤルハワイアン店

こちらがハワイのディーン&デルーカ1号店です。一時は朝3時から並び始めたこともある、ロイヤルハワイアンセンターでは名物となったお店です。

www.eyossy.com

 

 現在の状況は

こちらもやっぱりGW前の静けさでしょうか、かつては3時から並んでいたものの、現在は5時くらいから並び始めるそうです。

f:id:eyossy:20190416181637p:plain

どんなトートバッグ?

いつ行っても実物を見ることができません。

これが話題のハイビスカス柄のハワイ限定トートバッグです。

 

 何時から並ぶの?

f:id:eyossy:20190416182449p:plain

このサインを見ると、人気のハイビスカス柄のトートは1日限定70個。そして、もちろんひとり1個のみの購入です。お店の人に聞いたところ、現在は5時から並び始めるようで、70個に対して100人が並ぶそうです。そして、ロイヤルハワイアンセンター店は6時から整理券を配ります。7時オープンするので、一度その場を離れることは可能だけど、7時のオープンに合わせて戻らないと購入できません。まぁ、以前の3時に比べたらだいぶ買いやすくなったようですね。

 

最後に

 まだまだ人気のディーン&デルーカのハワイ限定トートバッグの現在をまとめてみました。

リッツカールトン店 7時オープン 並び始めは5時〜5時半 限定60個先着順

ロイヤルハワイアンセンター 7時オープン 並び始めは5時 限定70個(整理券配布開始時間6時から)

そして、注意して欲しいのは…ハワイは安全なようでそうでもないことも多々。早朝に女の人がひとりで歩くのは危険な場合もあるので、くれぐれも気をつけて! そして、並んでいるのはオールジャパニーズ。ルールとマナーを守って気持ちのいい買い物ができるといいですね。

 

ノスタルジックな雰囲気を感じるアロハタワーの展望台から見るハワイの景色が新鮮かも。GWにおすすめなハワイ観光地はここ。

長くハワイを行き来していながら、初めてアロハタワーに行ってみました。いつも横目にアロハタワーを見るものの、駐車してアロハタワーマーケットへは行かず、常にスルー。珍しく主人がアロハタワーに行ってみようということで、Go!

ALOHA TOWER(アロハタワー)

アロハタワーは1926年にハワイのランドマークとして建てられ、灯台としても利用されていたそうです。高さは55メートル。昔はここがホノルルの玄関として賑わってました。今では大型客船が発着するときは賑わうものの、普段はとても静かな場所なんです。

 

f:id:eyossy:20190413170759p:plain

タワーの上部の4面にある大きな時計はアメリカで一番大きい時計だったそうです。そして最上階の10階には展望デッキがあって、4方面の景色を眺めることができます。

f:id:eyossy:20190413170902p:plainタワーの中央には方位が示されたタイル。1926年に建設で1994年は補修工事がされた年みたいですね。それが記されてます。f:id:eyossy:20190413174909p:plainアロハタワーが賑わっていた頃の様子。

展望台へ

古いエレベーターが一機。回数を示す針は止まったままでした。エレバーター前に警備員がいて、「全てのバッグは検査の対象となります」とあるから荷物をチェックするのかと思いきや、スルー。そして、無料でエレベーターに乗ることができます。

展望台への利用時間は9時から5時までなので夕日を見ることはできないんですね。

f:id:eyossy:20190413171646p:plain回数を示す針は故障してるみたいです。収容人数は6名。

f:id:eyossy:20190413172036p:plainガタガタと音を立てて上昇。エレベーターに慣れていない頃、エレベーター酔いしたことがあるようなエレベーター(笑)

 

展望台

ノンストップて10階に到着です。4方向にガラスの扉があって、まず1つめ。

f:id:eyossy:20190413172101p:plainワイキキ方面を眺めて、

f:id:eyossy:20190413172132p:plainこちらはダウンタウンを眺めることができるデッキ。

f:id:eyossy:20190413172156p:plain

空港方面には埋立地のサンドアイランド方面。サンドアイランドは以前に友人の車がレッカー移動になった時に行った場所。 

f:id:eyossy:20190413172312p:plainそして、港沖方面はかなり遠くまで眺めることができます。

f:id:eyossy:20190413172347p:plainそれぞれのデッキにはALOHAの文字が抜かれていてその隙間からも景色を眺めることができます。

f:id:eyossy:20190413174259p:plain

いちおう、非常口階段もチェックして。 

その他のみどころ

地上に戻って、少し散策してみました。

f:id:eyossy:20190413174342p:plain

アロハタワーの1階にはこんなディスプレイが。これはBellといって、1992年までパールハーバーでダイバーが潜る時にサメなど緊急の場合に利用されたとか。

f:id:eyossy:20190413174419p:plainアロハタワーマーケットプレイスの所々に、可愛い像を見つけることができます。f:id:eyossy:20190413174601p:plain木陰に隠れていた可愛い女の子。

f:id:eyossy:20190413174530p:plainとても閑散としていて、寂れた雰囲気があるけれど、なんか懐かしくもある場所です。
大型客船が着いた時には、きっと賑やかになるんでしょうね。

また、毎週水曜日にはファーマーズマーケットが開催されているらしいですね。次回チェック!

 

ロケーションは

アロハタワーといえば、空港からワイキキに向かう途中で必ず目に飛び込んできますよね。ワイキキからもそんなに遠くないので、行こうと思ったら行ける場所。ただし、今の姿はあまり注目を浴びていないのが残念。最近のハワイ本でもあまり取り上げられてないですよね。だからこそ、注目したい場所。

レンタカーで行くなら駐車場があるけど、ダウンタウン付近ということで、ちょっと高めの30分で3ドル。 またはツアー会社のトロリーも停車するようですね。

f:id:eyossy:20190413174627p:plain車で行った場合はチケットはこのマシーンで清算してから。

f:id:eyossy:20190413174650p:plain出庫します。 

 

最後に

アロハタワーはかつてはダイアモンドヘッドと並んで大人気だったけど、今では観光客に忘れられたハワイの古きラウンドマーク。そして、アロハタワーはアメリカ合衆国国家歴史登録財にも登録されている歴史ある建築物。ハワイリピーターのみなさん、ゴールデンウィークに来られる方、古き良きハワイを思い出しにアロハタワーを訪れるのもいいかもね。

f:id:eyossy:20190413174742p:plain

そして、これはアロハタワーマーケットプレイス内にあるカジュアルイタリアンのお店「オールドスパゲッティファクトリー」。気になるお店の一つです。 

 

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

 

本当は秘密にしておきたいハワイ発のポップコーンLeis HawaiiのHawaiian Popcornを紹介します。おすすめはガーリックシュリンプ味!

ポップコーンといえば最近はキャラメル味やチェダーチーズなどたくさんのフレーバーが楽しめるし、映画館やディズニーランドでも大人気。

ハワイにもハリケーンポップコーンというポップコーン専門のお店もあるらしい。ハリケーンポップコーンは20年以上も前からロコに愛されているバター味のポップコーンに”ふりかけ”と”あられ”をミックスしたいかにもハワイっぽいカラフルなパッケージに入ったポップコーン。(私は未体験)最近では日本でも手に入るらしいですね。

 

 

今日、紹介するのはこんなに毒々しい(笑)ものじゃなくて、今時のハワイらしいお土産にも最適なポップコーン!!

 

 

Leis Hawaii popcorn kitchin

このポップコーンと出会ったのはカパフルにあるカイマナファームカフェ。そして今日はライオンコーヒーのファクトリーツアーに行った帰り道に寄ってみました。

f:id:eyossy:20190411184641p:plain

 オーナーは日本人のEddyさん。なぜハワイでポップコーン? ハワイ好きのEddyさんはよく家族でハワイ旅行をしていたそう。その時に食の細いお子さんに「何が食べたい?」って聞いたところ、「ポップコーン!」と。それからハワイの原料を使った美味しいポップコーンを目指して作ったんですて。

f:id:eyossy:20190411184717p:plain

今では、ハワイのポップコーンといえば「Leis Hawaii Popcorn Kitchen」というほど人気上昇中。

フレイバーは

きになるフレイバーは4種類。f:id:eyossy:20190411184947p:plain

Hawaiian Caramel Crisp(キャラメル)$5.50

f:id:eyossy:20190413170033p:plain

選び抜かれたマッシュルームタイプの豆をポップさせて、ハワイ産の素材をたっぷり使ったオリジナルのキャラメルソースを絡めてカリッ、フワッ感がたまらない美味しさ。

Hawiian Gerlic Shrimp (ガーリックシュリンプ)$5.50

f:id:eyossy:20190413170100p:plain

ハワイのB級ブルメNo.1といえばガーリックシュリンプ。エビの旨味とガーリックの香りをレモンの酸味で引き締めた、癖になる味。ビールのお供に最高!

私個人的に、シカゴミックスの絡めるとチェダーチーズ味みたいにキャラメルとガーリックシュリンプをミックスして食べたい(笑)

Japanese Curry(ジャパニーズ カレー)$5.50

カレーソースを新製法でコーティング した和風ダシの効いたカレー味。しょっぱい系では難しいカリッとサクッと感を実現したとか。

Salted Macadamia Nuts with Hawaiian Calamel Crisp(ソルト味のマカデミアナッツ入り) $7.00

優しい塩味のマカデミアナッツとハワイ産の素材を使ったこだわりのオリジナルキャラメルソースでコーティングされたポップコーン。お塩はコナ産の深海から組み上げたもの。そしてキャラメルはマウイで育ったさとうきびから。マカデミアナッツはハワイ産の粒が大きい最高級のハマクアカンパニーのナッツを使用。

f:id:eyossy:20190411184748p:plainもちろん試食できます。この日はカレー味が品切れのため、3種類のみ。

f:id:eyossy:20190411185011p:plain

レギュラーサイズのパッケージの他に小さなボックスタイプも。これ、バラマキお土産に最適! また、このサイズはローカルの学校のイベントでも大活躍してるんですって。

f:id:eyossy:20190412165017p:plain

内容量45グラムで手のひらサイズ。

そしてBOXサイズのお値段は$3.80ドル。5ドル以下ということで、バラマキお土産に認定です!

f:id:eyossy:20190411185437p:plainその他、お得サイズやギフトにも適したメイソンジャー入りのものまで。

f:id:eyossy:20190411184820p:plainハワイのインディーズのアーティストの作品もディスプレイされてます。

f:id:eyossy:20190411184847p:plain

f:id:eyossy:20190411185048p:plain

このコーヒーは知らなかったな…。100%ハワイ育ちのコーヒーみたいです。次回チェックしなくちゃ。

 

Leis Hawaii popcorn kitchenのロケーションは

場所は、まだまだ治安が整っていないカリヒというエリアなのでちょっと個人で行くのはね…

The Busで行くには乗り継ぎやらで約1時間ほどかかるので、ちょっと不便なカリヒの場所なの。そんな人にはワイキキのポップアップ店がおすすめです。

 

 

最後に

ワイキキのポップアップ店の情報はこちら。

*ワイキキショッピングプラザ内のSUBLIME

シェラトン内JTBラウンジのお土産ショップ

*ロイヤルハワイアンアベニューのロブティック隣のJAPAHA

カイマナファームカフェ

ドン・キホーテ(6月から)

 でも嬉しいことに、なんと5月31日〜6月2日の3日間は恵比寿ガーデンプレイスの「ALOHA TOKYO」にポップアップ店として出店するので、日本でも楽しむことができるみたいです。気になる人はぜひ、行ってみてください。

そして私はガーリックシュリンプとキャラメルをミックスして食べてみました。うん!美味しいです。

f:id:eyossy:20190413170225p:plain

 そしてそして、5月31日〜6月2日まで恵比寿ガーデンプレイスの「ALOHA TOKYO」でこのポップコーンが帰るんです。その時に3000円以上購入した方には「ヨッシーのブログ見ました」という方に小箱を1箱プレゼントしてくれるそうです。ぜひ行ってみてください。

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

 

ザ・カハラホテルの「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」で高級すぎるランチで女子会しました。

カハラといえばハワイの中で、もっとも高級住宅が立ち並ぶエリアです。その中心になっているのが「ザ・カハラホテル」です。EXILをはじめ多くの芸能人もこのホテルに泊まるようです。そのロビーの横にあるのがアランチーノ。

アランチーノはハワイのオアフ島に3店舗。もちろんオーナーは日本人です。

 

 

アランチーノ・アット・ザ・カハラ

ハワイでも代表するイタリア料理店といえばアランチーノ。3店舗ある中で最も高級感のあるレストランです。夜はワインソムリエの田崎伸也氏のペアリングのコースメニューもあるけど、今回はランチで。

ランチでもかなりのお値段。世のサラリーマンには申し訳ない!

f:id:eyossy:20190410090818p:plain

ホテルの車寄せの左手に堂々とした構えが目に入ります。

f:id:eyossy:20190410091740p:plain

見た感じはカジュアルイタリアン的な…。お花は生花はなく、これだけの高級感なのにちょっと残念。

f:id:eyossy:20190410091808p:plain

奥にはちゃんとピザ釜があります。

スペシャル ランチメニュー

単品メニューでパスタやピザもあるけれど1品が25ドル前後するので、このスペシャルランチがオススメ。

f:id:eyossy:20190410091857p:plain

このメニューから前菜、メイン、デザートを1品づつ選んで、なんと45ドル。はぁ〜高い。

f:id:eyossy:20190410090846p:plainまずはイタリアンのお通しといわれるコペルトはローズマリーのフォカッチャとロゼッタ。

アンティパスト

前菜のアンティパストは7種類。その中から選んだのが「バーニャカウダ」。

f:id:eyossy:20190410090931p:plain

Bagna Cauda こだわり有機野菜をガーリックの効いたアンチョビソースにディップしていただきます。鎌倉大根?のようなのが筋張っていてたのと、土に見立てたローストマッシュルームが乾燥しすぎていたのか、硬くて口の中に長い時間滞在してしまったので残念。残ったアンチョビソースにフォカッチャをディップしてもいいとのこと。単品で17ドル。

f:id:eyossy:20190410091451p:plain

これは友人がオーダーしたTartaru di Mare マグロとカンパチのミルフィーユ仕立て。それは単品だと21ドル。7品の中でいちばんのお値段高めだから、これを選べばお得気分が味わえる!

 

メイン料理

14種のメインの中から私が選んだのは、サーバーが勧めてくれたカルボナーラ。

f:id:eyossy:20190410091139p:plain

Spaghetti alla Carbonara ハワイ東部のワイマナロの新鮮なたまごとカリカリに焼いたチーズ、そして白トリュフ仕立てなのでとっても濃厚。クリーミーというよりはチーズの風味が効いてるのでチーズ好きにはたまらない。かなりの濃いめの味なので白ワインが飲みたいけど車だったので、お水をがぶ飲みしながらいただきました。お値段は単品で27ドル。

そして、これがアランチーノのシグニチャーであるウニパスタ。

f:id:eyossy:20190410091304p:plain

Spaghetti ai Ricci de Mareは甘みたっぷりの生うにスパゲティ。単品だと37ドル。このスペシャルランチでは8ドルの追加です。一口味見したら、これもまた濃厚な味で白ワインのお供があると最高。ハワイのイタリアンレストランのほとんどがウニパスタを提供してるけど、それぞれがお店の特徴を活かしてて、アランチーノのウニパスタは好評なようです。

ドルチェ

最後のデザートのドルチェは5種の中から。

f:id:eyossy:20190410091346p:plain

私が選んだのはMonte Blanco モンブラン。日本語でもモンブランと表記してあったので「モンブラン」と言ったら伝わらなかった(笑)。白いパウダーシュガーのバリアを外すと本格的な甘さ控えめな栗のピューレのモンブラン、そして手前がゆずを香りづけしたはちみつが添えてあってバランスが取れてます。これは大正解!! お値段は12ドル。

ついでに友人のドルチェはティラミス。12ドル。

f:id:eyossy:20190410091525p:plain

盛り付けがとても可愛いティラミスでした。

 

お支払い

私たちはそれぞれ車だったので、アルコールは取らず、お水のみ。

私のトータルは56ドル。3人分のトータルを3分割してもらってひとり約45ドルとなりました。そういえば、コーヒーはついていなかった…。

f:id:eyossy:20190410091714p:plain

 レシートにはしっかりと「チップは含まれていません」と目立つサインがあります。チップに慣れていない日本人の悪いところが、ここに現れてるんですね。レシートをよく見るとTip 18%・・・7.74とあるけれど…。

チップを払うポイント!これ大事です。

チップの支払いって迷いますよね。こうやって表記されている場合が多いけど、これにしたがって払う必要はないんです。自分の求めたサービスが受けられて、とても感謝したら18%でもいいけれど、ランチに18%は払わなくても大丈夫。ということで約15%の7ドルを加えて、合計52.03ドルのお支払い。ランチにしてはかなりのお値段となりました。でもね、ディナーの時はちゃんと20%以上のチップを払ってね。

 

最後に

アランチーノ・アット・ザ・カハラには久しぶりに行ったけど、私的にはワイキキのアランチーノ・デ・マーレがおすすめ。理由は単純にコスパの問題。

ちなみに、このお店は大阪にもオープンしましたね。

アランチーノOSAKA・公式サイト

おまけですが…
3ヶ月ぶりのハワイということで、ご近所さんが早速ランチに誘ってくれました。一人は20代の頃からニューヨークでビジネスを始めLAへ、そしてハワイ。彼女はブライダルブーケを始めカハラの高級住宅の装花(玄関に花を飾る)などを手がけるフラワーデザイナー。もう一人はLAで仕事を持っていたけど、リタイアしてハワイへ移住してきて2年目に入ってハワイの生活が楽しくなってきたという人。私よりお姉さんの二人はいつも適したアドバイスをしてくれます。たまに、いやいつも辛口(笑)

そんな彼女たちとの話題の一つは「どのタイミングで日本に戻るか…」ということ。みんな日本に戻りたいって思っている日本人がほとんど。それだけ日本は生活しやすいんですよね。住んでいたら気がつかないけど。

 今回も、最後まで読んでくださりありがとうございました! Mahalo

 

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

  

www.eyossy.com

 

www.eyossy.com

ハワイに戻ってきました。今年度(令和元年)もよろしくお願いします。

ご無沙汰してました。数日前にハワイに戻ってきました。今年になって、引っ越しや、長男の結婚式やらで怒涛の3ヶ月間でした。昨年の秋以降から目まぐるしい変化があり、やっとここで落ち着き始めたので、またこれからみなさんのブログにお邪魔させていただきます!!

数日前に、ディーン&デルーカのブログがまたまたすごいことに。TVで話題に出たんでしょうか。書いていなくてもブログは読まれている…とても励みになりますね。

私のブログのPV数のほとんどがこのブログ。 

www.eyossy.com

 

 そして今年度のスタートはこのブログから。たくさんのハワイネタをできるだけ新鮮なうちに書いていこうと思っていますので、今年度もよろしくお願いします。

www.eyossy.com

 

カイルアに行ったら、ちょっと寄ってみたいお店Part.1 「ラニカイ・ブリューイング・カンパニー」のタップ&バレル テイスティングルーム。

ラニカイビーチといえばハワイのリピーターの日撮った地にとってはハワイの聖地。ツアーバスの規制もあって、ワイキキと比べ観光客も少ないので、まだまだハワイののんびりした雰囲気を楽しめる地域です。(ローカルの人にとっては、迷惑行為の多い観光客はご遠慮願いたいって感じもありますけど…)

その反面、観光客を狙ったお店も次々とオープンしてます。その中でも、ビール好きな私が行きたいところはここ!

 

ラニカイ・ブリューイング・カンパニー

ラニカイ・ブリューイングは2015年にオープンしてから徐々に人気が出てきてます。場所はカイルアタウン付近。ラニカイとは天国を意味する「ラニ」と海の「カイ」を意味する言葉。つまり「天国の海」として、全米でもNo.1に認定されたこともあるんです。

f:id:eyossy:20190406073029p:plain

そんな名前を持つ「ラニカイ・ブリューイング」が(おそらく2018年になってから)通りに面したところに、この「トップ&バレル テイスティングルーム」をオープン!!以前は以前は一本入った通りで探すのが大変だったようだけど、現在はこのサインで見つけやすくなったんです。

 

店内は

まだ新しく木の香りがする店内はとても清潔感溢れています。

f:id:eyossy:20190406073305p:plainf:id:eyossy:20190406072930p:plain

バレル(樽)のテーブルで飲むのもいいでしょ!

f:id:eyossy:20190406073529p:plain

オリジナルグッズもバレルの中にディスプレイされてます。

f:id:eyossy:20190406073340p:plainそして、もちろんインスタ映えするコーナーも。f:id:eyossy:20190406073758p:plainカウンターで飲むのもいいし、テーブルで飲むのもどちらも体験したい。

f:id:eyossy:20190407050043p:plain

ビールサーバーは壁に埋め込まれていて、すっきりとしたカウンター内です。そして嬉しいのが、サーバーの女性がみんなニコニコしていて素敵。

 

どんなビールがあるの?

この日のラニカイ・ブリューインングのオススメのクラフトビールは…f:id:eyossy:20190406081133p:plain

・Pikake Botanicals(ピカケ・ボタニカル)

・Hibiscus & Lehua Honey(ハイビスカス・レフアハニー)

・Hawaan Vanilla(ハワイアン・バニラ)

・Big Island Yuzu(ビッグアイランド・ユズ)

・North Shore Lemonglass(ノースショア・レモングラス)

この3種類のラベルが定番のフラッグシップ

f:id:eyossy:20190406134424p:plain

左から

モック インペリアルIPA 8.1% : ハワイの香り深いピカケの花がシトラス、マンゴーそしてグレープフルーツの酸味も加わったインディアペールなので、私にはちょっとキツイ味。

ルート70セゾン 7% : ハイビスカスの酸味とハワイ島のレフアハニーのほのかな甘みとクローブ、唐辛子の酵母エキスとでバランスが取れた酸味。

ピルボクスポーター 6.5% : 世界でも希少な2種類のバニラとチョコレートの風味が効いて、それに加えてキャラメルとローストされた大麦の香りがバニラを抑えてバランスを取った味。

そして今回飲んだのがこれ

f:id:eyossy:20190407045909p:plain

いろんな種類を少しづつテイスティング。でも多すぎてどれがなんだか…すっかりごちゃまぜ笑

 この中から8種を選んでテイスティング。

f:id:eyossy:20190406072157p:plain全てが香りが強めで、酸味やほんのりとした甘みがあったりと癖のある味で、真のビール好きにはちょっと苦手感があるかもね。

でも、ハワイの地ビールてことで、ハワイを感じたい人にはちょっとテイスティングしてみるのもいいでしょう〜。特にIPAはアルコール度数は高いから、このくらいの量でちょうどほろ酔い。いい気分になれちゃいます。

f:id:eyossy:20190406073457p:plain

 おつまみが欲しいねということになって、友達が近くのホールフーズマで走って行って、チップスを買ってきてくれた(笑)

 

ラニカイブリューイングの ロケーションは

 最近では、カイルア方面も路線バスや各旅行会社主催のツアーバスの利用も便利になってきましたね。のんびりとバスで行って、ビールを飲むっていいかも。

f:id:eyossy:20190406081048p:plain

Tap & Barrelは毎日営業中です。時間は11時AM〜21時30分まで。

最後に

ちなみに、すぐに飲みたい方にはハワイのドン・キホーテをはじめグソッサリーストアーで購入できます。そこそこのお値段…。

f:id:eyossy:20190408180003p:plain

そしてもっと詳しく知りたい人はこちらのブログをご覧ください。

hawaiidebeer.com

 

www.eyossy.com

 

 

www.eyossy.com

 

日本をはじめアメリカでも人気上昇中の「ポケ丼」を、簡単混ぜるだけのポケ丼の素を使って作ってみました。

今、アメリカ本土をはじめ、Poke(ポケ)が人気です。特にアヒポケは大人気。続いて、サーモンポケも美味しい! その理由は、高タンパクでヘルシーといったところでしょうか。

 ポケって

ハワイでは昔から生で魚を食べる習慣があったとか。そして、日本からの移民によって今の形になったそうです。って、Wikipediaの引用です...。

Pokeポケ(ポキと言う人も多い)はハワイ語で切り身という意味。そして”アヒ”はツナのこと。つまりアヒポケはツナの切り身の丼もの。ここ数年、ハワイに限らずアメリカ本土でもグロッサリーストアーやスーパーにもポケバーといって、好きな2〜3種類のポケを選んでスパイスやサラダをトッピングできるのが流行ってます。

www.eyossy.com

もちろんホールフーズをはじめハワイのスーパーには必ず選べるポケのスペースが設置されてます。

 

 Pokeの素

私が買ったのはこれ、NOH Foods of Hawaiiのpokeの素。これをオーガニック食品で人気のホールフーズで購入しました。時には人気で売り切れていることもあるので、見つけたら即購入です。 

f:id:eyossy:20190313223752p:plain

このパックにはポケの味付けとなるスパイスオゴが入っています。

オゴは海藻の一種で、日本でもオゴノリといってお刺身のツマにある緑色の細い海藻をイメージしてみてくだい。または天草(てんぐさ)みたいな…ともいわれてます。

ポケのレシピ

作るのはとっても簡単!!

f:id:eyossy:20190313225253p:plain

 まず、新鮮な切り身えお用意。お好みに合わせて、ツナ(アヒ)、ボニト(アク、日本語でカツオ)、ソードフィッシュ(メカジキ)、サーモン(サケ)、オクトパス(タコ)などなど。

f:id:eyossy:20190313225432p:plain

私は、ツナ(マグロの赤み)を用意しました。1Lb(約450グラム)のツナを一口大にカットして…

 

f:id:eyossy:20190313225317p:plain

ボウルにオゴを入れて被るくらいの水で2〜3分ほど戻します。

f:id:eyossy:20190313225411p:plain

 戻ったオゴを2分の1くらいの食べやすい大きさにカットします。

f:id:eyossy:20190313225457p:plain

カットしたオゴをツナの上にまぶして… 

f:id:eyossy:20190313225520p:plain

大さじ2杯のごま油を加えます。

最後に同封のスパイスを加えて…

f:id:eyossy:20190313225600p:plain

混ぜたら出来上がりです! 

f:id:eyossy:20190313225625p:plain

このスパイスとごま油がいい味を出してます。

 

ポケ丼の出来上がり!

私流のポケ丼はルッコラとアボガドを加えてみました。

f:id:eyossy:20190313225657p:plain

本当だったら、この下にご飯が隠れているけれど、今回はサラダ風に。ハワイのお店ではホワイトライス(白米)、ブラウンライス(玄米)、そしてビネガーライス(酢飯)から選べるところが多いようです。私的には、ポケ丼にはブラウンライスは合わないと思ってます。健康志向が増えているアメリカでブラウンライスは人気だけど、やっぱり酢飯でしょ!

最後に。

アヒ(マグロ)のような回遊魚を赤道近いハワイで捕ったとして、あの気候だから鮮度を保つのは日本に比べたら難しい。だから、こういったタレに漬け込んだものが主流になったのかな、と思います。だって、生で食べるお刺身はけっこう生臭いもの。そして醤油やスパイシーなタレにつけ込めば日持ちもいいですしね。

このMade in HawaiiのNOH Foods of Hawaiiのポケの素は6ドルくらい。そこでググってみたら、このサイトから3.5ドルで買えるんです! そしてこのNOHという韓国系のレストランから発祥したものでした。ハワイに限らず、アメリカ本土でもハワイアンアイスティーをはじめBBQソースやスパイスなど、見たことがある食品を扱ってます。

次のお土産はこれに決まりです。

 

 

www.eyossy.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村